トミエニッキ

tomienikki.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画( 13 )

ハプニング/The happening

先日ハプニングを観ました。
怖かったぁ。
まるでお化け屋敷に入った娘のようになってしまいました。
音が。。。
驚かせ過ぎです怒
ちなみに人が空から降ってくるシーンが大好きです。

I saw a movie "The happening" .
I was so scared!!!
I was like a girl who entered a haunted house.
The sound really scared.
I like a scene that many people come raining down...
[PR]
by tomienikki | 2008-07-30 00:51 | 映画

ゼア・ウィル・ビィー・ブラッド/There Will Be Blood

b0055301_0565159.jpg観てきました、ゼア・ウィル・ビィー・ブラッド
I saw "There Will Be Blood".
監督はポール・トーマス・アンダーソン。
The movie's direction is Paul Thomas Anderson.
『マグノリア』『ブギーナイツ』で有名。
He is well-known for "Magnolia" "Boogie Nights".
最近この二作品を観たので、興味があって映画館へ出かける。
I saw these recently so I was interested in this movie and I went to the theater.

今までとは明らかに異なる感じにびっくり。
I was surprised because it was different from these two movies.
淡々と静と動を繰り返しながら進んでいく。
The story ran calmly as it repeated quiet and movement.
でもどこか抜けている人物は健在。
However there was a person who was strange.
ラストは思いっきり笑いました。
I laughed all my want when I saw the last sence.
他に笑っている人はあまりいなかったかもだけど。
I'm not sure whether there was a parson who laughed except me or not.
でも多分、笑うべき。いや絶対、笑うべき。
However I think you may laugh! You should do!
決して楽しい映画ではないけれど、人間模様がよく描かれています。
It was not funny movie but it was great to represent human being.

間違いなくキーワードは『Blood』。
It is certain its substance is "Blood".



[PR]
by tomienikki | 2008-05-09 00:56 | 映画

今年は映画☆/about movies

今年は映画をよく観ています。
I sometimes see movies this year.
『Cloverfield』
『RATATOUILLE』
『SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET』
『300』
『NATURAL BORN KILLERS』
『BLACK BOOK』
『PERFUME』
危険な映画が大半です。
These are alomst dangerous movies.
お薦めは『300』と『ブラックブック』でしょうか。
I recommend 『300』 and 『BLACK BOOK』.
[PR]
by tomienikki | 2008-02-21 23:09 | 映画

John Q

I watched the movie with my hostfamily.

John Q

I was always crying.
I thought English is easier to receive the message
than Japanese subtitles, as a matter of course.
So if you are interested in English
you shoud try to watch movies on DVD
that you don't use subtitles.
[PR]
by tomienikki | 2008-01-06 13:46 | 映画

MOVIE

Today, I watched the movie..
"The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford"

Regerttably, I coudn't understand.
But I tought it's a nice movie.
It's a gangster film.
It used many instrumental music.
It made the movie calm.
I recommend it for boys

やっと日本語使える。。。
この映画、日本にいたら確実に観に行っている私の好きなタイプの映画です。
とても淡々と流れていきますが、
ゆえに動いたときの迫力が強まります。
美しい風景が要所要所で使われており、好きです。
ただ、セリフがあまり聞き取れなかったです。残念。
かといって、日本で公開されたときにもう一度観に行くかというと、ちょっと違う。
約3時間と長めだし、そんでもってずーっと重い。
心臓によくありません。
でも良いですよ。
日本で公開された際にはぜひ、おでかけあれ。

ブラッドピットはもちろん素敵なのだけど、他の俳優さんがとても良いです。
透き通った青い目にクラクラしてみました。

あまりの恐さに映画館を出たあともビクビクしてしまい、
殺されるかもしれないと挙動不審になってしまった私なのでした。。。
[PR]
by tomienikki | 2007-11-10 12:04 | 映画

“Lost in Translation”

2003年製作のアメリカ映画。
ソフィア・コッポラ監督・脚本。
東京が舞台ということで、当時話題になっており、
もれなく私も観ようとしたのに観なかった映画。

“じれったい。でもラストシーンがとっても良い。”

母国を離れて日本で過ごす主人公を、
もう少ししたらそうなるであろう自分と重ね合わせたりして…。
公開時に観なかった理由は、今観るためだったのかなぁなんて思ったりして…。

ちなみに前半は字幕無しで観て、後半は英語の字幕をつける。
字幕無しではニュアンスしか伝わらないし、英語の字幕は長くて邪魔だし、
吹き替えは嘘っぽくて嫌いだし、
留学する身で日本語字幕つけるのもダメな気がして…。
難しいなぁ。
というより、もっと勉強しなくては…な感じ。

でもそういう状況で映画を観ると、演技の重要性を感じる。
表情でなんとなく心情も読み取れる。

確実に距離を縮めていく主人公の二人。
でも美しいままでいるためには越えてはいけない壁があって、
それを最後まで貫き通したのは、もどかしいながらも正しい気がした。

正直、無駄なシーンが多いと思ったけれど、
日本の美しさやら、おかしさやら、不思議な文化やらを伝えるには
仕方なかったのかもしれない。
もっと凝縮していたら、大好きな映画になっていたかもしれない。

ただ、主人公の二人は、一緒にいるときはとてもすてきな顔をしていた。
それは紛れもない真実。
それがこの映画の全てなのかもしれない。

しっかし、発音の悪い日本人が多く出てきて残念。
発音は小さい頃から耳にいれておかないと、なかなか難しい。
発音は良くてもしゃべれない私が口を出すことではないのかもしれないが…。

映像の美しさと、異文化から観た日本と、主人公の二人。
これに注目して観ると良いと思われます。
[PR]
by tomienikki | 2007-10-09 10:58 | 映画

キサラギ

映画一本目。“キサラギ”
テレビで評判が良かったので、急に観たくなる。
邦画キライなのにさ。

感想
素直に面白かった。
ストーリーもよくできてるし。
そして何より、スイッチの切り替え上手な
ユースケ・サンタマリアさんに脱帽。
バラエティーで見せる顔なんて感じなかったもの。
香川照之さんの最近の評判の良さは知ってたし、
もちろん期待通りだったわけだけど、
ユースケさんに驚くばかりの作品でした。
ただ、映画にする意味が見えなかった。
深夜にテレビかDVDで観るのが
一番ハマるんじゃないかな?
随所に笑いありの作品です。
謎解きもありで、どんどん状況の変化するストーリー。
退屈しのぎに良いですよ☆
[PR]
by tomienikki | 2007-06-22 11:48 | 映画

ミリオンダラーベイビー

珍しく早起きをした。
外は雨。
出かけるのは控えたいところだったけれど、
せっかく早起きしたので映画に出かけることにした。
こんな雨の中、10時過ぎの回に観に来る人は少ないだろうと思ってた。
甘かった。
受付の前は長蛇の列。
みんな私と同じコトを考えていたのかもしれないと納得。

本日観た作品は“ミリオンダラーベイビー”。
言わずと知れたアカデミー賞受賞作品。
でも実はこの間まで勝手に女性プロボクサーのサクセスストーリーだと決め付けて、
観たい作品から除外していた。
でもこの間NEWS23で、筑紫さんと監督のクリント・イーストウッドさんの対談を観て、
急に観るべきだと思ってしまった。
そして本日の鑑賞となる。
b0055301_2242055.jpg
こんなに重い映画だとは思ってなかった。
この間の“コーラス”に引き続き、泣きっぱなしの作品であった。
前半は自分と重なる部分もあり、すんなりと感情移入していた。
自分に足りない部分も見つけ、気持ちを新たにすろこともあった。
後半は考えさせられることばかりだった。
映画を観終わったあと、いつもの頭痛がするくらいいろんなコトを思った、想った。
b0055301_2315452.jpg
ボクシングというハードなスポーツが題材に取り入れてられているのだけれど、
登場人物たちはいたって穏やかに淡々としているように見えた。
あまり長い台詞もなかったように思う。
短い台詞なのだけど、その中には心の内がハッキリと現されていた。
短い台詞だからこそ、その重みは増していた。
少ない台詞だからこそ、意味のない言葉はなかった。

もうこれ以上私が書くことが見つからない。
とにかく観るのが一番でしょう。
芸術はなんだってそう。
世に出たときから、それを手にした人に何もかも委ねられているのだから。
[PR]
by tomienikki | 2005-05-30 22:42 | 映画

コーラス

b0055301_2044579.jpg
映画“コーラス”鑑賞。
予告編を見て、絶対観たいと思い、その帰りに前売り券を買ってしまった作品。
楽しみにしていた。。。

その期待は裏切られることがなかった。

始まって5分もしないうちに泣き始めた私は、終わるまで何度泣いただろう。
帰りに鏡を見て驚くほどの目の充血具合!!!
悲しくて泣き、嬉しくて泣き、悔しくて泣き、温かさに感動して泣き、喜んで泣き。。。
とにかく泣きっぱなしだったのである。
一言で言うならば、とにかく温かい。
ニヤニヤできるようなユーモアもほんのちょっと入っていて、ホッとできる時間もあった。
光と影の美しさ、青と白のコントラストの美しさ、歌声の美しさ、新緑の美しさ。。。
美しいものでいっぱいだった。
ラストもかなり私好み。
やっぱりいい映画のラストはこうでなくっちゃといった感じ。
文句の付けようがないくらい、私は好きな作品でした。

上映映画館が少ないみたいなのが残念なのだけど、
良かったら観に行かれてはいかがでしょう?
私はもう一回観に行きたいと思ったし、DVD出たら書いたい!って思いました。
思い出しても泣けちゃう。。。
明日の朝、鏡を覗くのが怖い。。。
[PR]
by tomienikki | 2005-04-25 21:02 | 映画

The Phantom Of The Opera

b0055301_2332972.jpg本日は映画の日。
“オペラ座の怪人”を鑑賞。
学生の頃、3週間イギリスに語学
研修という名の観光旅行をしたことがあって、そのときにミュージカル“オペラ座の怪人”を観た。
どんな話か理解できてなかったけれど、それでもとても切ない想いが伝わったことは覚えていて、評判も良いようだったので映画を観に行くことにした。

ところどころ冷めて素になってしまう部分もあったものの、後味の良い映画だったと思う。
構図が分かると、とても奥の深いよくできた話だと思った。b0055301_23343413.jpg
愛することと憎むこと。
信じることと裏切られること。
与えることと返していくこと。
美しいものと醜いもの。
愛されることと愛すること。
感謝と愛。
陰と陽。
そんなことに気づくと、すごく考えさせられる話だった。
かなり泣ける。
ラストシーンが私好み。
なので後味が良かった。
歌も良かったけど、今回はオーケストラの良さを
再確認した。
素晴らしい音を奏でるよ。

ちなみに右の画像は映画館に飾ってあった仮面。
[PR]
by tomienikki | 2005-02-01 23:57 | 映画
line

シンガーソングライター須永トミエによる気まぐれ日記。


by tomienikki
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite